後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度は、75歳以上(一定の障害がある方は65歳以上)を対象とした医療制度で、高齢者と若い世代との負担割合を明確にし、高齢者が安心して医療を受けられる社会を維持することを目的に、平成20年4月より開始されました。

制度の運営

熊本県では、県内のすべての市町村(45団体)が加入する「熊本県後期高齢者医療広域連合」が運営主体となります。

広域連合が行うこと 市町村が行うこと
被保険者の認定 保険料の徴収・納付相談
医療費の給付 保険証の受け渡し
保険料の決定 各種申請の受付など
保険事業の実施など  

後期高齢者医療制度の財政

後期高齢者医療制度の運営に必要な財源は、公費(約5割)、現役世代からの支援金(約4割)、被保険者保険料(約1割)となります。

加入対象者

  • 75歳以上の方(75歳の誕生日当日から)
  • 65歳以上74歳以下で、一定の障害がある方のうち加入を希望する方(加入申請し認定を受けた日から)

保険料の算出方法

保険料(均等割額と所得割額)は2年ごとに見直され、熊本県内で均一となります。
【平成28年度と平成29年度の保険料算出式】
保険料(上限57万円)=均等割額(年47,900円)+所得割額〔(総所得金額等-33万円)×9.26%〕
 *所得の低い方や被用者保険の加入者に扶養されていた方(被扶養者)は、保険料の軽減があります。

保険料の納付方法

保険料については、被保険者一人ひとりから、原則、特別徴収年6回(年金から差し引き)により納付いただきますが、普通徴収年9回(納付書・納税組合・振替口座)により納付いただく場合もあります。

特別徴収は4、6、8月に仮徴収(前年の保険料をもとに仮算定された保険料額)を行い、年間保険料決定後は、本徴収(決定された保険料額から仮徴収した額を差し引いた額)を10、12、2月に行います。

普通徴収は7月から3月にかけて、年9回、納付書・納税組合・口座振替により徴収します。

医療費負担について

診療を受けたとき、医療機関等の窓口で医療費の1割もしくは3割を負担していただきます。(3割負担の方でも特定の条件を満たす場合は申請により1割負担に変更となる場合があります。)
 1割負担の方・・・同世帯の被保険者全員の住民税課税所得が145万円未満の方。
 3割負担の方・・・同世帯の被保険者に住民税課税所得が145万円を超える方が存する場合は、同世帯の被保険者全員の方。

高額療養費について

自己負担額が、月ごとにおいて別表1(ダウンロード資料)の限度額を超えた場合は、超えた額が払い戻されます。

健康診査について

健康診査事業については、別表2(ダウンロード資料)をご確認ください。

関連リンク・資料ダウンロード

別紙1

別紙2

各課からの案内

天草・苓北ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税) Thanks
Thanks
観光情報サイト
九州での苓北位置

苓北町役場
〒863-2503 熊本県天草郡苓北町志岐660番地 TEL0969-35-1111 FAX0969-35-2454

Copyright © Reihoku Town. All Rights Reserved.