住宅用太陽光発電に係る固定価格買取制度の買取期間満了について

[ ]固定価格買取制度(FIT)の買取期間が2019年11月から順次満了します。

固定価格買取制度とは?

[ ]「再生可能エネルギー固定価格買取制度」通称FITは、再生可能エネルギー普及のために、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社があらかじめ決められた価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。

固定価格買取制度

[ ][ ]

買取期間の満了とは?

[ ]2019年11月以降、売電開始から10年間を経過した設備から順次売電契約が満了します。売電期間は電力会社と結んだ契約書や、毎月の購入電力量確認票(検針票)でも確認できます。また、売電先の電力会社からは事前に期間満了の通知が届きます。

買取期間が満了したらどうなるの?

[ ]買取期間が満了すると、法律に基づく電力会社の買取義務がなくなります。期間満了後の電気の使い方には以下のような選択肢があります。

    1. 自家消費(蓄電池や電気自動車と組み合わせて自宅の電力に活用)

蓄電池を導入すれば余剰電力を貯めておき、発電しない夜間などに使用できます。
電気自動車やプラグインハイブリッド車があれば、充電して動力源に利用する一方、蓄電池と同じく貯めた電気を夜間などに使用できます。

※発電量が大きく、蓄電池などへの充電や自家消費でも使いきれない余剰電力が生じる場合は、電力会社に売電することが可能です。

    1. 相対・自由契約(新たな電力会社と契約し、余剰電力を売電する)

小売電気事業者などと新たに契約を結び、売電することができます。(売電単価は事業者によって異なります)
電力会社によっては、余剰電力をいったん預かり、発電しない夜間などに預けた分を使用できるプランも発表されています。

※設備を撤去して発電をやめることもできますが、一般に太陽光パネルの寿命は20から30年、パワーコンディショナーは10から15年とも言われ、適切な保守管理を行えば長く使えます。まだまだ使える設備を最大限利用して再生可能エネルギーを活用しましょう。

参考情報

[ ]資源エネルギー庁のホームページに詳しい情報提供サイトが開設されています。
[ ]資源エネルギー庁ホームページ

[ ]住宅用太陽光発電のFIT買取期間満了に関するQ&A

[ ]※小売電気事業者や電力会社などのホームページにも契約などの情報が掲載されていますので、調べて検討し、一番納得できる方法をお選びください。


苓北町役場
〒863-2503 熊本県天草郡苓北町志岐660番地
代表TEL0969-35-1111 代表FAX0969-35-2454

(▼各課直通の番号はこちら)
業務 部署名 電話番号(市外局番 0969) FAX (市外局番 0969)
総務 総務課
選挙管理委員会(総務課内)
35-1111
(代表)
35-2454
戸籍・住民登録
・税金・国民年金
税務住民課 35-1115 35-1554
福祉・子育て 福祉保健課(社会福祉班) 35-1263 25-3022
保険・健康 福祉保健課(健康増進室) 35-3330 同上
高齢者 保健センター
(地域包括支援センター)
35-1269 同上
土木 土木管理課 35-3331
農・林・水産業 農林水産課 35-1245 35-1197
観光・商・鉱工業 商工観光課 35-3332
財政・企画 企画政策課 35-3334
環境・上下水道 水道環境課 35-3335
財務 会計課 35-3336
教育・生涯学習 教育委員会 35-2111 35-1576
議会 議会事務局
監査委員事務局(議会事務局内)
35-3337

Copyright © Reihoku Town. All Rights Reserved.